綺麗な髪の毛を作るには!|手に入れたいときに実践したほうがいい こと



綺麗な髪の毛は女性にとって永遠の憧れですよね。

男性はきっと、一度はサラサラな髪の毛の女性に恋したことがあると思います。

あくまでも予想ですが(笑)

艶のあるサラサラと流れるような髪の毛は見ているだけで清潔感が感じられ、触ってみたいと思わず思ってしまいますよね。

自分でも髪の毛がつやがあって手触りがいいと、ついつい手をやる回数が増えてしまうものです。

これは「気持ちのいいものに触りたい」という本能からきているといわれています。

カラーリングやパーマで傷んでしまった髪の毛は、ゴワゴワして見た目もさわり心地もあまりよくありません。

でも大丈夫です!

きちんとケアすれば、綺麗な髪の毛を取り戻すことはきっとできますから。

綺麗な髪の毛をキープして素敵な女性だなと思われちゃいましょう。

綺麗な髪の毛を作るにはいくつかのコツがあります。

生活の中で簡単に実行できるものばかりですので、試されてみてはいかがでしょうか?

綺麗な髪の毛を作るコツ



髪の毛は夜の10時から午前2時の間に作られます。

その間にいかに髪の毛の根元である頭皮が清潔であり、新しい髪の毛が生えてくるのに適した状態であるかがポイントになります。

髪の毛をトリートメントしたり、艶を持たせたいと考えるとついつい補修する方に考えがちですが、実は地肌を清潔に保つことも非常に重要だと最近は考えられているようです。

睡眠中は体温が下がるので、地肌についた汚れをそのままにするとますます汚れが固まってこびりついてしまいます。

朝にシャワーを浴びる習慣のある人もいると思いますが、実は夜きちんと髪の毛を洗うことが大切だということがわかります。

シャワーだけでなく、湯船につかって体を温めることによって頭皮も暖まり汚れが浮き出し落ちやすくなります。

ぜひ湯船につかって蒸しタオルなどをしてみてくださいね。

シャンプーのコツ

シャンプーをする前にもブラシで優しくとかしてあげると汚れが取れやすくなります。

シャンプーをいざのせる時にも、ちょっとしたコツがあるんです。

べたっとシャンプーをそのまま頭皮にのせるのではなくて、手で泡立ててから泡で頭全体を包み込むように洗ってください。

シャンプーをそのまま乗せると洗い流しにくくなり、シャンプー自体が地肌にこびりついてしまうことになります。

洗うときは地肌をマッサージするつもりで爪を立てないでまんべんなく泡立てながら洗いましょう。

血行が良くなるイメージで、すすぎの時も上から順番にすすぎ残しのないように気をつけましょう。

髪の毛を洗い終わったら、すぐにタオルでよく拭いてドライヤーで乾かすのがベストです。

⇒髪の毛のケア方法まとめ
スポンサード リンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。