トリートメントはポイントが色々!ここはとても重要です!



トリートメントの方法ですが知っているようで知らない人や、分かっているけど面倒だからしない人もいるようですね。

でもこれを機会に正しい方法を学んで、ぜひ実践してくださいね。

その考え方を変えないと、あなたの髪の毛は半永久的にパサパサだしボサボサだし、モサモサだしチリチリのままなんです。

厳しい書き方ですがきっとずっとそのままですよ!

シャンプーのやり方を見ていない人は、先にそちらを見られても良いと思います。
⇒髪の毛の洗い方


【トリートメントの方法】
水分を取ることが大切
シャンプーが終わったら、しっかりとタオルで水分を吸い取るようにしてください。

水分が残っているとトリートメントの効果が半減しますし、したたって頭皮に付く可能性もあるので、あまり良くありません。

手で切るだけだと十分ではないので、タオルで水分を吸収させてくださいね。

付けるのは、全体じゃなくても良い
トリートメントを、頭皮や髪全体に付ける人がいるのですが、えええぇぇ!って感じです。

頭皮につけたら、ダメですよ(説明書に、頭皮につけると書いてあるトリートメントの時は、例外になります)。

そもそも頭皮に付けたがる人というのは、トリートメントの方法を根本から間違えているってことになります。

頭皮と髪を潤すために、トリートメントをしているわけではありませんからね。

何度も書きますが、頭皮にも付けて下さいと説明書に書いてあるものは別です。

頭皮にトリートメントを付けてしまうと、余分な油が与えられて、毛穴をつまらせる原因になり、皮脂が出にくくなるので、髪の毛が自分自身で潤う正常な働きを、阻害することになります。

また刺激にもなりますので、フケやかゆみや頭皮のできものの要因にもなってしまうんですよ。

頭皮には付けず、しかも、髪の毛の先から根元までの2/3の位置くらいまで付けます。

トリートメントの範囲

生えたばかりの髪の毛は痛んでいません。

痛んでいるのは毛先のほうで、そこから徐々に、根元に向かって痛んでくるんです。

ですから髪の毛の2/3くらいだけで、何の問題もないんですね。

すぐに洗い流さないこと
髪につけたのは良いのですが、さっさと流す人がいます。

それって、はっきり書きますが意味をなしませんよ!

トリートメントは外側から内側に働きかけて、髪の毛をよみがえらせるために行うので、髪の毛に浸透させなければなりません。

できたら覆ってください
そのまま置いてもいいのですが、できたらタオルやシャワーキャップで、覆ってください。

そうすることにより髪の毛を蒸すことになるので、髪の毛が温められ、普段閉じているキューティクルが開いて、トリートメントの成分の吸収を促進してくれます。

促進するということは、より多く染み込ませてくれるわけですね。

そのまま10分間、置いてくださいね。

すすいでも大丈夫
有効成分が落ちるからなどと、十分なすすぎをしない人もいますが、しっかりと浸透していますから、洗い流しても何の問題もありません。

しっかりと洗い流してくださいね。

これが完璧に出来れば、あなたはトリートメントマスターです。




あくまでも余談ですが、洗うためのお湯にも気を付けると、より効果的です。その場合は、シャワーヘッドを交換するのが一番簡単だと思います。

お近くのドラッグストアやディスカウントショップに売ってあると思いますが、大手のメーカーが安心感が高いと私は思います。

⇒TORAYのシャワーヘッドで大切な髪を守ることができます



次は乾かし方ですね。

⇒ドライヤーのかけ方
スポンサード リンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。