切れ毛をなくす-原因を知り対策すれば二度と悩む必要は無い



お風呂上りに髪を乾かしていて、くし通りが悪くなってきたなんて思いませんか?

しかも、髪がパサついてブラシで髪をとかすと、髪が切れてしまってブラシのピンに絡みついている。

そんな経験をしている方って多いのです。特に、冬場の乾燥が激しい季節になると、切れ毛に悩む人が増えてきますよね。

切れ毛が多いと髪の見た目にも良くないし、枝毛などのさらなるダメージを引き起こしてしまいます。

では、どうしたら切れ毛をなくすことができるか。

まずは原因を探っていくことにしましょう。

原因が見つかれば、それを絶つことで切れ毛の悩みを解消することができますよね。


髪が乾燥することが切れ毛の一番の原因



空気が乾燥すると、髪からどんどんと水分が奪われていきます。

夏場、クーラーが効いた部屋に閉じこもっていると、どんどんと空気が乾燥して、毛先も痛みやすくなっていきますよね。

しかしそれよりも冬場。

自然と空気が乾燥しているので、髪からも水分が抜けやすくなっていきます。

しかも職場のオフィスは暖房が効いている。

24時間乾燥が続くわけですから、しっかりとケアをしておかないと水分はとことん失われてしまいます。

それだけでなく、空気が乾燥していることで静電気が起こりやすい状態になっています。

冬場、ドアノブを握るとバチッと指先に静電気が走りませんか?

この静電気は指先だけでなく髪にも帯電しています。

髪に静電気が帯電すると、髪と髪が摩擦するだけでもダメージを与えてしまいます。

そこで乾燥を防ぐことが重要です。

一番は、洗い流さないトリートメントを用いることです。

髪を洗っている最中に使うトリートメントなどもケアには効果的ですが、洗い流さないトリートメントの方がダイレクトに守ってくれます。

だから、ドライヤーの熱による乾燥からも保護して、水分が残りやすくしてくれるのです。

もちろん、静電気が帯電するのを防いでくれて、切れ毛の解消にもつながります。


ゴシゴシのタオルドライは禁物です



お風呂上り髪を乾かすときに、どのように拭いていますか?

時間がないからと、慌てて髪の毛をタオルでごしごしと拭いてはいませんでしょうか?

実は、このタオルドライのやり方でも毛先の痛みは変わってくるのです。

濡れている状態の髪はとてもダメージを受けやすい状態です。

そのため、ガサツに拭いてしまうと、髪同士が絡まって傷んでしまいます。
    
優しく、髪をタオルで包み込むようにして、両手で押さえるようにして水分をとると、髪のダメージを防ぎながらタオルドライ出来るようになりますよ


まとめ



切れ毛は、普段の生活から髪をいたわっておくことで、劇的に減っていきます。

悪習慣を絶って美しい髪を手に入れてくださいね。
スポンサード リンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。