朝になると髪の毛がパサパサになる-夜乾かしたときサラサラなのに



朝になると髪の毛がパサパサだから、どうにかして改善したいって思いますよね。

それは夜に乾かしたときには、サラサラだからではありませんか?

「あんなに夜は美しくて、触った感じも良かったのに」と朝からテンションが下がってしまいますよね。

くしどおりも悪くなっていると思います。

髪の毛がパサパサになるのは乾燥が原因です。

乾燥は髪の毛の中の水分が抜けている証拠なんですよね。

空気が乾燥すると、唇がひび割れたり、かかとがカサカサになったりするじゃないですか?

その理由は乾燥により、水分が失われるからですよね。

同じように髪の毛も、乾燥するからパサパサになってしまうわけなんです。

朝のパサパサを改善するポイント

朝のパサパサを改善するポイントは2つ!



①トリートメントをしっかりとする
シャンプーは髪の毛の脂分を落とす作用があります。

その結果、必要な脂までも落として乾燥を招いてしまうんですよね。

シャンプーの仕方が間違っていて、髪ダメージを増大させている可能性もあります。

髪を守るための成分が入っているのが、トリートメントになります。

トリートメントは分かりやすく言えば、洗顔の後につける化粧水やクリームと同じです。

洗顔後の脂分の取れた突っ張った状態で、化粧水やクリームを付けないって想像に難しいのではないでしょうか。

しっかりと保護することが重要ですね。

といっても、たっぷりと付けたほうがいいというわけではありません。

適量をつけてください。

過ぎたるは及ばざるがごとしです。

トリートメントの効果をアップさせる方法は、トリートメントはポイントが色々!ここはとても重要です!にまとめています。

見ていただいたら、少しはお役にたてるかもしれません。

②乾かし方を見なおす
夜に乾かしているのに朝にはパサパサ。

もしかしたら、ドライヤーで髪を乾かす方法が間違っているのかもしれません。

ドライヤーのかけ方を、もう一度チェックされてみるのはいかがでしょうか?

こちらの髪の毛の乾かし方(ドライヤーのかけ方)に詳しく書いています。

濡れている髪の毛はキューティクルを開かせます。

開いてしまうと髪を守る強度が落ちますので、自然と髪を痛めてしまうんですよね。

キューティクルって何?

キューティクルとは、毛髪の最も外側にあり“毛表皮”と呼ばれています。

キューティクルは、汚れや傷から髪の毛を守ってくれる働きを持っています。

髪を守ってくれている鎧と思ってください。

キューティクルが剥がれ落ちた髪の毛は、髪の毛の主成分であるケラチンというタンパク質の成分が破壊された状態。

毛髪の内部が空洞化し、スカスカのダメージヘアとなってしまうのです。

また、キューティクルには髪の毛の水分を保持する大切な役割もあります。

夜にさらさらなのに朝パサパサになってしまうあなたは、キューティクルがしっかりと機能していないのだと言えるのではないでしょうか。

でも気にしないでくださいね。

今日から気を付ければいいだけですから。

⇒髪のケアや予防法
スポンサード リンク

コメント

1■高校1年生 男

おはようございます!!
この記事は男でも効果があるのでしょうか??僕は髪が細く、朝シャンプーしても夕方には髪がパサパサになり脂ぎった髪になります。色々調べてみると朝シャンプーするとより薄げになるとか。。。僕は朝シャンプーして行かないとおでこが見え見えで油ぎり人前に出れる髪ではありません。。。お願いします!!

2■悩み

高校1年生の男です!!このサイトに載っている情報は男の私でも意味がありますか??私は髪が細く、朝シャンプーしても夜にはべたつきおでこが見え見えになります。色々調べてみると朝シャンプーしたら薄毛が進む原因ということなので止めたいのですが夜にお風呂に入ると朝には髪が人様には出れない状態になっています。助けてください(笑)

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。