いも毛の原因を知り対策しましょう!



いも毛の原因は、髪の毛が短いから起こるパターンと、まとまらないパターンがあります。

本来、髪の毛が短いことによって起こるのを「いも毛(アホ毛)」とよんでいたようですが、長くてもまとまらない髪の毛のことも最近では言うようになってきています。

いも毛は別名「アホ毛」ですから、アホ毛をなくす方法を知りたいで、原因や対策、理由などを、知ってくださいね。

理由が分かると、本当に驚くくらい簡単に対策を練ることができるのですが、中には、なかなか髪の毛が寝てくれずに試行錯誤されている人もいるようです。

短くて髪がはねてしまういも毛(アホ毛)はヘアケア製品を使用しないと、対応できない場合が多いのですが、長いのにまとまらずに広がってはねてしまうときには、髪の毛を潤わせるための日ごろのお手入れが重要になってきます。

名前の由来



いも毛と名前がついた由来ですが、さつまいもに付いているヒゲのような毛という説と、芋虫に生えている針のような毛という説があるようです。

さらにもうひとつ『格好悪い=ダサい=イモ』からきているという説もありますね。

だらしない子の象徴のような扱いになっている、いも毛です。

だらしないからこそ、そのような頭になっている子を、守ってあげたいと、感じてしまう場合もあるようです。

がしかし、彼氏でも彼女でもない人が、そんな頭で普通にしてたら、間違いなく、だらしないと思ってしまいますよね(笑)

しっかりとしたケアで、立たないように、しっかりとまとめたり、毛に癖をつけたりしてくださいね。

⇒TOPページに戻る
スポンサード リンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。