毛先の痛みにはどのように対処してあげるべきなのでしょう



毛先の痛み(傷み)がひどくて、髪の毛がうまくまとまらない。

綺麗な真っ直ぐなストレートになりたいと思っているのに、どうしても広がってしまう。

もさーっとした感じがしたり、浮いてしまう感じがしたり…。

私の髪の毛は、まさにそれでした。

しかし、3ステップを見直すことで、それは解消される結果になったんです。



私が気をつけたポイントはここです

①シャンプーの仕方を見直す

②トリートメントの仕方を見直す

③ドライヤーでの乾かし方を見直す

しかしながら、これだけでは髪の毛の潤いは保てるようになったけど、毛先が痛んで(傷んで)いるため、やはり広がってしまってまとまらないという人もいらっしゃいます。

その時は、今お使いのトリートメントを中止して、種類を変える方法を実践されてみると良いと思います。

私が使用したトリートメントは、ページの最後の方に書いてありますので、もしよろしければ参考にして下さいね。

が、すでに毛先が枝毛になっている場合は、修復することができませんので毛先を枝毛の割れ目から3cm~5cm上のところでカットして下さいね。

枝毛については枝毛ができる原因についてのページをご覧いただくと、詳細がお分かりいただけるかと思います。

原因



原因は髪の毛の乾燥が著しいことにあるんですよね。

潤いがあれば綺麗にしなる髪の毛が、乾燥していることにより硬くなりしなやかさを失うので、四方八方へ向いて広がってしまってまとまらないわけなんです。

スプレーなどを使っても痛み(傷み)がひどくてうまくまとまらないのであれば、その乾燥は相当なものだと思います。

もう補修不可能とも考えられます。

そんな場合は、枝毛の時同様に痛んでいる部分をカットして、しっかりと潤いケアをしないと、もうどうしようもありません。

毛先が白い点のようになっていたり枝毛が多かったりする場合は、思い切って切ってあげて下さいね。

そしてそのあと、枝毛を作らないように①~③を実行していただければと思います。


しかし、どのようなトリートメントやシャンプーを使用すれば良いのか迷われるかもしれません。

私の髪の毛を蘇らせてくれたのは、美髪プログラムでした。

詳しくはこちらのページをご参考にしていただければと思います。

⇒あなたの髪も大丈夫ですよ
スポンサード リンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。