髪の毛を見直し髪に潤いを与えればパサパサの髪はサラサラになります



髪が傷んでくると折角の手入れをしてもパサつき感が凄くなり、見た目にもまとまりが無くなってよくありません。

そんな傷んだ髪をケアするために多くの人が行なっているのが、リンスやトリートメント等で潤いを与える方法です。

しかし、方法を間違えると折角ケアをしても効果がないばかりか逆に悪影響を与える事があります。

では行ったどのような方法でケアをするのが潤いのある髪を保つためには必要なのかと言うと、シャンプーをしっかりとして汚れを落としたその後に、しっかりと髪についた水分をとるようにすることなのです。

水分が沢山髪についた状態だと、折角リンスやトリートメンをしても効果が半減してしまいますし、トリートメントが頭皮についてしまう事もあるので、逆効果になってしまうのです。

頭皮にトリートメントを付けてしまうと、頭皮に余分な油分を与える事になるので髪の成長にも良く無いのは勿論、フケや痒みの原因にもなるので気をつける必要があります。

新たに生えてきた髪の毛は基本的に健康な状態なので、目安としては毛先から2/3くらいのところまでトリートメントを抜き込むように付ければ、ケアとしては充分です。



シャンプーを流した後はしっかりと髪の毛をタオルドライして水分をとること、トリートメントは毛先から3/2の範囲に塗ること、そして髪にトリートメントを付けた後は、直ぐに洗い流すのではなくタオル等で覆い蒸してあげることを心がけると、より成分を髪に吸収するのを助けてくれますよ。

ここまで出来ればもうOKですので、後はしっかりとトリートメントを洗い流し余分な脂分を髪や頭皮に残さないようにすすいであげればケアは完了になります。

使うものも大切です

髪の毛のケア方法を見直すだけで、かなり髪の毛は改善できますので、こちらのページを参考にしてくださいね。

⇒ケアや予防法

それでも改善できない場合には、使用しているヘアケア用品が悪いと思いますので、一度見直すのも良いかもと思います。

ちなみにですが、私のパサパサな髪の毛が天使の輪を作れるほど改善したのは、このヘアケア用品のおかげです。

⇒あなたの髪も大丈夫です
スポンサード リンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。