髪の傷みはおばさんに見えてしまう条件の一つですよね



髪の傷みはおばさんに見えてしまう条件の一つですよね。

パーマをかけたらおばさんくさくなってしまったというのも、良くある話です。

ではなぜ、おばさんに見えてしまうのでしょうか?

その理由は、傷みによって艶が失われているからなんですよね。

艶がないから老けて見える



髪の毛が傷むと、艶や潤いが失われてしまいます。

例えるなら、枯れ木と同じ状態ですね。

新緑が初々しい木というのは栄養満点で活き活きとしていますが、栄養を失った枯れ木というのは、老いて見えてしまいます。

枯れ木は、弱々しくて、ツヤも潤いも元気もありませんよね。

髪の毛も傷むと同じ状況になってしまいます。

ではどうして、ツヤも潤いも元気も失われてしまうのでしょうか?

それは、水分や栄養分が漏出しているからです。

髪の毛にダメージを与えすぎてしまうと、水分や栄養分を守るため(内部にとどめておくため)のキューティクルが剥がれてしまいます。


このような状態になってしまうので、髪の内部にとどまっておくことが出来ずにだだ漏れしてしまう。

結果、みずみずしさが失われてしまうことになり、艶や潤いやコシが必然的に失われてしまうわけなんですよね。

キューティクルを守る



ですから大切なことはキューティクルを守ることなんですが、どのように守ればいいのでしょう?

パーマやヘアダイを出来る限りせずに、さらに紫外線もダメージになるので避けていただきたいんですが、おしゃれのためにはなかなかそうもいかないのが現実ですよね。

そこで見なおしていただきたいのが、シャンプーの仕方、トリートメントの仕方ドライヤーでの乾かし方なんです。

そしてできることなら、使用しているシャンプーやトリートメントも見なおしていただきたいんですよね。

髪の毛にツヤや潤いを与えるために作られた、超自然派を使用することにより、あなたの髪は痛み知らずの髪へと変身します。

もうこれで、髪が痛んでおばさんっぽく見えることは無くなりますよ。

⇒あなたの髪も大丈夫です-サラサラになりますよ
スポンサード リンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。