髪の毛のうねりの原因は大きく2つ!知って正しく解消しよう



湿気が多い日は特に気になる髪の毛のうねり。
原因を知って正しいケアをすることで、随分と改善することができます。
基本的なコツを心得て、しっかりと解消していきましょう!

うねうねの原因は遺伝だけではありません



「うねり」と聞くと、まず思いつくのは遺伝によるくせ毛ではないでしょうか。
でも、日本人のほとんどは本来直毛だったはずなのです。
実際に、小さなころは直毛だったのに歳とともにうねってきてしまったという方も多いのでは?

実は、うねりの原因は歪んでしまった毛根にあります。
つまり、頭皮が成長と共に硬くなったり、毛穴に汚れなどが詰まったりすることで毛根がつぶされ、うねった髪の毛が生えてきてしまうのです。

その上さらに髪が傷むと、キューティクルが剥がれた髪に光が乱反射し、まとまりのない髪に拍車がかかってしまいます。


頭皮をほぐしてキレイに保つ





髪の毛のうねりを直すのに最も効果的なのは、原因となる頭皮の血行を良くして柔らかい毛穴をつくり、毛根まわりの汚れを追い出すことです。
毎日シャンプーの際には指の腹を使って、やさしく頭皮マッサージをしてみましょう。
お風呂に浸かりながら行うと、更に血行が促進されるためオススメですよ。

頭皮がポカポカと温まったと感じたら、ていねいにシャンプーしていってくださいね。
温かいお湯で十分に髪と頭皮を流した後、よく泡立てたシャンプーで頭皮全体を軽く揉むように洗いましょう。
洗い上げたら、シャンプー剤が残らないようにしっかりとすすぎます。

せっかく綺麗に髪を洗っても、洗浄成分が残ってしまっては毛穴の詰まりの原因になってしまうので要注意です。
最後に、保湿性の高いトリートメントで仕上げます。
こちらも頭皮に残らないよう、根本から丁寧にすすぎます。


ドライヤーを正しく使う





うねりの直し方の要となるのがドライヤー。
髪を洗ったらすぐに「洗い流さないトリートメント」を付け、ドライヤーで髪を一気に乾かします。
濡れた髪の毛は放置すればするほどキューティクルが広がり傷みが進行、髪のうねりを助長させる原因にもなってしまいます。

なお、ドライヤーは髪から20cmほど離して、風量は「強」にすると、速くまんべんなく乾かすことができます。
しっとりしたタイプのものにしてみてください。
オイルタイプなら、傷みもカバーして艶を出してくれます。

頭皮と傷みに注目して、うねうね髪の毛を根本から直していきましょう!

⇒検見の毛のケアや予防法
スポンサード リンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。