貴方のドライヤー使用法間違っていませんか?



髪の毛が痛んでくると、髪に栄養分が無くなり、シャンプーをして髪を整えようとしても髪の毛がぼさぼさでまとまりのない髪になってしまい、苦労している方も多くいます。

くせ毛やダメージヘアーは、トリートメントでケアをしているつもりでも実は髪を上手にまとめる事が出来ず、逆に間違った方法で長時間ドライヤーの温風をかけていると更に髪の毛にダメージを与えてしまう可能性があります。

ドライヤーをかけずに自然乾燥すると言う人もいますが、長時間髪が湿っている状態なので髪の衛生状態はあまり良くありません。

ではいったいどのような方法でドライヤーをかけるのが最も髪に易しい方法なのかと言うのを実際に考えていきます。

間違いないかけかた



プロの美容師も行なっている方法は、通常のようにシャンプーやトリートメントを行なってドライヤーを使う前に髪の毛を、優しくタオルで包み込むように乾かす方法です。

その後ドライヤーをかける訳ですが、直接強風を髪の根元に当てて(ここがポイント)、手グシで根元に風がいき渡るようにした後、そのまま指先だけを毛先に向けて移動します。

この動作をリズムよく行なうだけなのですが、最も大切な事はドライヤーの風を決して毛先に当てないと言う事です。

しかし、実際に乾かしている間は髪を多めに持ち上げるように乾かしていくので、摩擦が起きてなんだかよけい髪の毛がバサバサになっていく様な気がすると思います。

でも、髪の毛が乾く事によりキューティクルがそろってくるので、全体的にまとまりが出てきます。

⇒TOPに戻る

スポンサード リンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。