髪の毛のハネを解消する方法!もうこれで大丈夫です



動きやすくておしゃれ感もあるショートカットのヘアスタイル。
でも、「髪の毛がはねる」という悩みを持つ女子も多いのでは?
ショートカットだと結ぶこともできず、目立ってしまいますよね。
毎朝の「はね直しタイム」が苦痛になってしまいがち。
そこで今回は、髪の毛のはねを解消する色々な方法を紹介していきます。


はね直しは根本から!





髪の毛がはねる原因は、寝ている間に枕や布団で髪の根元が潰され、毛の流れが変わってしまったことからきています。
そして流れが変わると、髪全体に流れを修復しようという力が働き、力の集まりが毛先に出てしまうのです。
つまり、見た目には毛先だけがはねていても、実際はその髪の毛は根本からはねているのです。

この根本的な原因を解決するには、つぶれた根本を立ち上げ、毛先が自然と内側に落ち着くようにします。
まずが髪の毛を根本からしっかりと濡らし、乱れた流れを一旦リセットすること。
濡らすのには、まんべんなくしっかりと濡らせる霧吹きがおすすめです。
100円均一でも売っていますので、ご家庭にない人はぜひ手に入れてみてください。

それからドライヤーを根本から当て、髪をしっかりと立ち上げるように掴みながら、全体の流れを整えていきましょう。
ちなみに、毛先だけヘアアイロンを当てるのは逆効果に。
時間が経つと元通りはねてしまう上、髪の毛を傷める原因にもなってしまいます。


シャンプー後のブローは「すぐに根本から」





美容師さんも実践しているのは、シャンプー後は素早く、根本からブローするというコツ。
髪にクセがつくのは、濡れた髪が乾く瞬間。
さらにその瞬間は、髪がこすれて傷む瞬間でもあるのです。
おすすめの乾かし方は、濡れた髪に「洗い流さないトリートメント」やヘアオイル等を付けて、ドライヤーを後ろから当てること。

その状態で手ぐしを使い、後ろから前方向へとかすように乾かします。
夜にうまく乾かせたら、艶がありまとまりの良いヘアスタイルを朝まで保つことができます。


カットの形でも、はねが防げる




髪のカットの時に工夫することでも、はねるのを防ぐことができます。
例えば髪の内側を短めにして外側を長めにすると、外側からかかる重さで髪の毛がはねにくくなります。
また、髪を必要以上にすいてしまうと、毛先があらゆる方向に暴れ、はねやすくなってしまうので要注意です。
美容室に行ったときに、美容師さんに「はねにくいスタイルにしたい」と相談してみるのも良いでしょう。
スポンサード リンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。