髪の水分を増やす-不足してパサパサする前にやるべきこと



冬になると空気が乾燥して、お肌や髪も乾燥しがちになりますよね。

その乾燥が続くことで、どんどんと髪から水分が抜けてパサついた髪になってしまいます。

いろんなメーカーのシャンプーやリンスを使ってみたり、髪に良いと言われるトリートメントを試したり、それでも、髪の水分量が増えないと嘆いてはいませんか?

正しい方法を行えば、髪の水分量をアップさせることはできます。
きちんとしたケアをして、ツヤ髪を取り戻しましょう。


ドライヤーの使い方を再確認





髪を洗ってすぐの髪が濡れた状態というのは、一見すると水分がたっぷりと含まれているように感じますよね。

しかし、この段階の髪は、キューティクルが開いている状態で、どんどんと水分が蒸発しています。
一刻も早く髪を乾かす必要があります。
とはいうものの、ドライヤーで乾燥させるとなると、温風が髪にあたるために、少しずつ髪から水分が蒸発していってしまいます。

そこで活用できるのが、タオルです。
スポーツタオルくらいのサイズのタオルを頭にかぶせます。
その上からドライヤーをあてていってください。

髪から抜け出た水分がタオルに吸収されるので、極端に水分が蒸発するのではなく、適度な湿度を保ったまま髪を乾かすことができますからね。

毎日続けていくと、髪から蒸発する水分量が少なくて済むので、髪のパサつきも改善されていきますよ。


ヘアパックの利用





お風呂に入って、シャンプーとトリートメントをした後、ヘアパック剤を髪に塗ります。
その髪をラップなどで覆うか、ヘアキャップをかぶったまま5分ほど放置してくださいね。
浴室というのは適度な温度があることから、髪に栄養や水分もしっかりと入ってくれます。

5分が経過すればパック剤を洗い流します。
ヘアパックのケアを1週間に1度でも行うことで、髪の水分量を増やすことができますよ。


加湿器の利用





特に睡眠時というのは、部屋が乾燥しがちになることをご存知でしょうか。
部屋の空気が乾燥すると、肌や髪からどんどんと水分が蒸発していくんですよ。
加湿器を置いおけば部屋の湿度をあげるので、空気の乾燥を防ぐことができます。
必然的に、髪からの水分の蒸発も防ぐことができますよね。

このように、髪の水分量を増やす方法は、身近に行うことができます。
こまめな手入れをすることで、パサつきの無いみずみずしい髪へと変わることができますからね。
スポンサード リンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。