洗髪やくしを通したときに髪が絡まるので困っている時には



髪の毛が絡まると本当に困りますし嫌になりますよね。

原因はキューティクルがダメージを受けている事が主です。

もともと髪質が細くて軟らかい場合も絡みやすいのですが、髪の毛のパサつきやゴワつきを感じる方はキューティクルが欠損した状態にあります。

欠損したキューティクルは、表面が剥がれ落ちた状態にあるため、髪の毛をブラッシングした時などに絡みやすくなってしまうのです。

またキューティクルが欠損状態になると毛髪の内部にまでダメージが広がり、滑らかな指通りを維持するための「水分」が失われます。

水分が失われた髪の毛は、乾燥状態にありますのでドライヤーや櫛を使用する度に髪の毛が絡むほど、パサついた状態になっているんですよ。

そのため、髪の毛が絡みやすいと悩んでいる方は、髪の毛のダメージを防ぐためのヘアケアを習慣づけるようにしましょう。

髪の毛の水分を保持するためには、キューティクルをダメージから守ることが大切になります。

意外にも、日頃のヘアケア方法が間違っている方が多いので、痛みの主な原因となる外部刺激を防ぐことから始めましょう。

まず気を付けなければならないのは、毎日の洗髪時のヘアケア方法です。

洗浄力の強いシャンプーの使用や、ゴシゴシと強く洗う洗髪方法は髪の毛への刺激が強くなりますので、髪の毛へのダメージへと繋がります。

できるだけ刺激の少ないアミノ酸系のシャンプーや、天然由来成分が配合された髪の毛に優しい製品を使うようにしましょう。

そして、頭皮付近はマッサージをするように洗い、毛先付近は髪の毛を撫で洗いするように優しく丁寧な洗髪を心がけて下さい。

洗髪後のドライヤーの使用は、熱によって乾きやすくなりますので髪の毛とドライヤーに距離を取り、一定の箇所に当てずにまんべんなく乾かしていくようにします。

また、自然乾燥で濡れた髪をそのままにしておくことは、髪の毛に含まれた水分が蒸発する時に乾燥を引き起こしやすくなるのでNGです。

ドライヤーを使ってきちんと乾かすようにすることで、髪の毛が絡まるのを防ぐことが出来ます。

⇒ドライヤーの使い方をもう少し詳しく知りたい
スポンサード リンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。