紫外線も髪の毛にダメージを与えるの?

紫外線と髪の毛

髪の毛がパサパサしてきた…。

髪の毛がガサガサしてきた…。

髪の毛がザラザラしてきた…。

そんな時に、あなたはまず何を思いますか?

多分、シャンプーやトリートメントが合わなかった(合わなくなってきた)、ドライヤーのかけ方がまずかった、カラーリングしたから、パーマをかけたからなどなど、思いつくはずです。

でも、もしかしたら、紫外線のせいかもしれないんですよね。

基本的には、日本人の髪の毛は黒い色をしていますよね。

この黒い色は、メラニン色素によるものなんですよね。

メラニン色素って何かって言うと、紫外線から体や髪の毛を守ってくれる働きをしているんですよね。

日本人の髪の毛は黒いので、このメラニンの働きが活発で、紫外線による、髪のダメージは少ないと考えられているんです。

ありがたいですよね。

でも、現代の日光やオゾン層の破壊により、かなり強くなっていますので、長時間当たり続け得ていると、さすがの日本人の髪の毛でも、ダメージを受けてしまうんです。

キューティクルが、まず最初に傷みます。

そして、壊れて、剥がれてしまいます。

すると、ケラチン繊維も壊れて衰えてくるので、パサパサ、パサパサ、ゴワゴワ、ガサガサが起こり、枝毛や切れ毛が出てくるんです。

この状況は、ドライヤーの熱を近くから浴びせているのと、似ている現象ですね。

あまり紫外線のことを考えていない人も多いようなのですが、髪の毛が浴びる紫外線の量は、顔の2倍程度と言われているんですよ。

さらツヤな髪を維持するために、しっかりと、紫外線対策をしてくださいね。

メラニンが危ない!



そういえば、そんな、髪の毛を守ってくれるメラニンなんですが、あることをすると、弱ってしまうんです。

それが、カラーリングなんですよ!!

カラーリングは、メラニンを一回壊してから色を入れているので、メラニンの防御反応が弱り、紫外線への抵抗力が、少なくなってしまうんです。

お洒落を最優先にするあまり、髪の痛みのことなどは、考えない人もいるようなんですね。

もちろん、カラーリングが悪というわけではないんですよ?

カラーリングをした後は、する前以上に、しっかりとした髪の毛のケアが必要になってくるということなんです。

⇒髪のケア方法とは
スポンサード リンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。