縮毛矯正とストレートパーマの違いって何?



くせ毛を治す選択肢としてあげられるのが、縮毛矯正とストレートパーマなのですが、その違いって、何なのでしょうか?

それは、このようになっています。
縮毛矯正
縮毛(くせ毛)を真っ直ぐにする。

ストレートパーマ
パーマをかけた髪の毛を、元の直毛に戻す。

結果的には、真っ直ぐなるのですが、根本が違いますよね。

縮毛矯正は、くせ毛の人が真っ直ぐにするために行うもの。

一度かけてしまえば、かかった部分は、半永久的に真っ直ぐなんですよね。

しかしながら、この縮毛矯正は、美容師の腕によって大きく左右されてしまうんですよね。

同じ薬剤を使ったとしても、全然仕上がりが違ってくるんです。

『仕上がり=真っ直ぐ度』が違ってくるんですよ!

真っ直ぐにした後が重要



あなたは、なぜ髪の毛を真っ直ぐにしたいんですか?

それは、きっと、テレビCMのような、サラサラヘアーを体感したいからだと思うんですが。

が、髪の毛は、日々痛んでいますし、当然ですが、縮毛矯正によっても痛みます。

ですから、日々のケアが、とても重要になってくるんですよ!

毎日気をつけて、髪の毛をいたわってあげれば、あなたの髪の毛は、サラサラでフワッとしているでしょうね。

でも怠ると、真っ直ぐにはなっているけど、あまり魅力を感じない、ツヤのない髪の毛になってしまう可能性だってあるんです。

⇒やっておきたい日々のケアとは
スポンサード リンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。