リンス、コンディショナー、トリートメントの違いは?



シャンプーが終わった後に、髪にうるおいやツヤを出すためのケアをするのですが、大きく分けると、リンス、コンディショナー、トリートメントがありますよね。

その違いって、一体何なのでしょうか?

リンスコンディショナートリートメント

それは「髪の毛の表面を保護する」か、「髪の表面から浸透し髪の状態を内側から整える」かの、違いのようです。

ただし、その定義については、メーカーにより、大きく異なります。

「リンスとコンディショナーは同じ」と発表しているメーカーもあります。

「コンディショナーは、リンスよりも表面を守る力を強くしたもの」と発表しているメーカーもあります。

ですから、効果の度合いから考えると、こうなりますね。

リンス≦コンディショナー<トリートメント

大きな違いは、最初にも書きましたが、髪の表面だけを守るか、内側も守るかです。

リンスとコンディショナー
髪の表面を油で保護して、指通りを良くしたり、水分の蒸発を防ぐためだけのもの。

トリートメント
髪の内部まで浸透して、ダメージを受けた部分に栄養を補給することができる。

このようになるんですね。

髪が痛んでいなければ、リンスやコンディショナーで問題無いと思われるかもしれませんが、日々、髪の毛はダメージを受けています。

紫外線や、梳かす行為や、シャンプーや、ブローや、寝ている時の摩擦などで、常に、知らないうちにダメージを受けています。

それを考えると、リンスやコンディショナーよりも、トリートメントが効果的ですよね。

そういえば、トリートメントの仕方を、間違っている人も多いようですね。

チェックしてみてはいかがでしょうか?

⇒トリートメントの方法
スポンサード リンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。